房山区に立脚して基地を建設し、世界に向けて経営をします。

凯達恒業

実力は展示します

    凱は恒業の産業園の総面積の5万5千㎡に達して、84ムー場所をとって、マメの加工食品生産工場、果実の野菜の脆い生産工場と凱に分けて恒業のオフィスビルに達します。


    凱達会社は果実の野菜の脆い板が業界を加工して研究開発する方面に十分な実力があります;持って世界的先進レベルの果実の野菜の脆い板の生産ラインの3条があって、果実の野菜の脆い板の近い万トンを年間で生産します。市場占有率は全国の果実の野菜の業界の中で上位にあります;、農業部の全国の農産物加工の模範の企業は北京市の農業産業化の重点の先導企業、北京市のハイテク企業だ、、北京市の唯一の1家が果実の野菜の脆い板の輸出による外貨獲得型の重点企業を生産するです。国内外の先進的な器具、設備を持って、ハードウエアの施設は比較的そろっていて、肝心な点の技術は設備の100余り台を測定してかぶせて、総価値は1036万元まで達して、全従業員の総合的な資質、専門の素質を高めるため、中心について寄る相応する科学技術方面の人材隊列のがありを確保して、会社は200㎡の訓練基地を創立して、国内の大学・高等専門学校と科学研究機関の専門家に授業するように招聘して、構想を研究開発するのと最新の技術情報を提供して、しかし効果的に中心の発展速度と品質を保証します


1.jpg2.jpg

      数年来、会社はたいへん技術の進歩と科学技術を重視して、中国科学院食品研究所、中国農業用機械研究所、河北農業大学、米国百事グループの研究開発部、日本K.を革新しますとA商社研究開発センター、合肥美亜グループの研究開発部などの多数の専門技術のリードする研究開発機関は研究開発を創立して協力して、数名専門家と技術の協定書を締結して、会社は毎年科学技術は投じてすべて1000万元以上にあって、企業の内部の新技術の開発を重視する同時に、積極的に国家の863を引き受けた、火花計画、北京市首都の設計が上がる、科学技術が支える、緑のなど大型の科学研究プロジェクト、実り多い成果を得て、特許の30多くの項目を申請して、終わる京の黄の1を開発する、京の黄の2、そして京の黄3の新しい品種が審査決定するを通じて(通って)、自己の知的財産権の“京の農業の5番”、“京の農業の6番”のアズキがあって商標を登録して“金の北の対聯”になります。40の多種の豆類の高度加工の製品を研究開発してきた、小さい祖先の食糧の豆の品種の150余りを広めて、その中はダイズの固体状態の製品の平湯葉の製品が北京のマメの加工食品の領域を輸出する空白を埋めたので、国際マメの加工食品の業界になります

3.jpg4.jpg凯達恒業凯達恒業凯達恒業

Powered by MetInfo 5.3.18 ©2008-2017 www.metinfo.cn